心拍数急上昇するサプライズ|婚約指輪でロマンチックモード

男女

結婚式で着用するドレス

花嫁

とても珍しいドレスが人気

結婚式では、花嫁が純白のウエディングドレスに身を包む事が当たり前になっています。そもそもウエディングドレスを結婚式で着ることになった起源は、19世紀の英国です。当時のヴィクトリア女王が、白いウエディングドレスで挙式をあげたことに端を発しています。白は、無垢、純真などの意味があるので、花嫁が着るのにうってつけです。白が結婚式で一般的ですが、実は東京では黒いウエディングドレスが人気を集めつつあります。黒色は、葬式のイメージがあるので、結婚式に適していない印象があります。ですが、チョーカーなどの小物使い、ドレスのデザインによって可愛く着こなせます。特に東京では、年齢が高めの女性でも落ち着いた雰囲気でドレスを着こなせると人気です。オリジナリティー溢れる結婚式にしたい人には、黒いドレスはおすすめです。

試着に行く際のポイント

結婚式で着用するウエディングドレスは、東京ではほとんどの方がレンタルで借ります。レンタルショップを利用する際は、数多くのドレスを試着することで似合うものを選べます。実は試着をする際には、確実に気に入るドレスを見つけるためのポイントがあります。それは、試着の際に母親や新郎などの第三者に付き合ってもらう事です。試着する際は、お店のスタッフがドレス選びのアドバイスをしてくれます。しかし、お客さんとお店側という立場から、的確な助言をもらえないことがあります。例えば、ドレスが似合っていなくても、お店の立場から本音を伝えてくれないです。ですが、自分と近しい第三者に付き添ってもらう事で、辛口の意見も把握できます。それで、確実に自分に似合うウエディングドレスを見つけられます。東京でレンタル店を利用する際は、上記を参考にすると良いです。